あなたも明日からコピーライター | 評価特典.確実に稼ぐ商材評価アフィリハローワークゆずまる






あなたも明日からコピーライター

なぜネットで物が売れるのか?

便利だからでしょ?

あなたのブログからなぜ物が売れないか?

不便だからだよね?

 ついで、

 なぜあなたのサイトから物が売れないのか? ww

 →http://yuzumaru-cover.yuzumaru.mbsrv.net/

ゆずまるが最初のころ、物販で物が売れるのは、

たくさんのアクセスがあるからだと思ったんだ。

だから、当時1万の検索エンジン対策の教材を入手して勉強した。

いやぁ~、楽しかったね。

誰も検索エンジン対策なんて知らない時代だったから、

かなり大きめのビッグキーワードでもガンガン順位が上がっていく。

いい、時代でした・・・ じゃぁ、また(TT)/

 ち、ち、ちげーだろ!>自分

ところがだ、ライバルが増えてくると維持するのが大変。

 大手の参入だ。

 じゃらんなんて、全然敵じゃなかったのに、

 じわりじわりと上がってきてさ。

それでも、売れるサイトが残るわけ。

なんでだ? アクセスはそんなに多くない。

でも売れる。。。

 わかった? つまりそういうことだ。 じゃ(--)/

 ちげーだろ!>自分

アクセスが少なくても売れる。

あなたには、

それがなぜかわかってるんだろうけどね。(^m^ ←感じわり~

まぁ、あなたじゃなくて、ひよっこにひとつ教えよう。

検索エンジンってくらいだから、検索する人を対象にしている。

なぜ検索するのか?

情報が欲しいからだ。

なぜ情報が欲しいのだ?

物欲もあるだろうし、知識欲もあるだろうし・・・

その検索する人の中から物欲の人を絞り込む。

買い物するときに何を基準にしているか。

とかね。

とりあえずの物欲で情報集めをしている人。

この人を捕まえればいいわけだ。

その人が使うだろうキーワードを捕まえる。

たまたま、たまたま、売れるサイトは、そのキーワードで上位にいた。

もちろん、そのキーワードは、メインキーワードではない。

そこに気が付いたらあとは楽。

ところがやっていて、もう一つ気が付いた。

入ってくるページはトップじゃない。

そのキーワードのあるページ。

数あるサイトの中で特徴的なサイトがあった。

キーワードで順位の高いページから

なぜかいつも別のページに移動して、

そこからショップへ飛んでいる。

なんでだ?

ショップへつながっているページには特徴があった。

それは、キャッチコピー。

テレビ見てて、わくわくしたまま作った過激?なキャッチコピーと

数行の文章と画像しかないそのページ。

他のページにも似たような商品がおいてあるのに、

そのページからのショップへいく確率が高い。

たまたま、たまたま、入口から出口へのページがつながっていたってことだ。

「こちらから」 よりも

「変りたいなら、こちらから」

みたいな方がいくない?

「北海道のじゃがいも」よりも

「北海道の大地が育んだじゃがいも」

みたいな方が、なんか体によさげでおいしそうじゃない?

「際立つ美人よりも、つつましやかな美人へ」

おばさん手前のおねぇさんが反応しそうじゃない?

あなたは、結構こういうキャッチって苦手じゃないかな?

苦手だよね? え~い、隠すな!ゆずまるは知ってる!

ところが、こういう人の気持ちを動かせるキャッチって

誰でも作れる法則があるのね?

5パターンぐらいのパターンの中から一つ選んで、

言葉を当てはめれば、あら不思議。

お、お、おれ!プロのコピーライターか?!ってなる。

ヘタレのプロのコピーライターを

世界のコピーライターにしたキャッチコピーの法則。

手に入れた翌日からおれってプロ?って思ってしまう。

これが情報商材なら、1~2万円。

↓ ↓ ↓

伝え方が9割



プロフィール
ゆずまる
アフィリで稼ぐプログラマ@ゆずまる
百戦錬磨の老兵プログラマでWEBプロデューサーのゆずまるです。 大御所アフィリエイターのあの方に「あのゆずまる」とまで言わしめた、プログラマアフィリエイターの視点で、情報商材をご紹介いたします。 あなた同様「楽しく楽な高額報酬アフィリエイト」をモットウにしています。 コンピュータの専門学校の講師の経験から超初心者のあなたでもサポートばっちり♪ 安心してね? プロフィール
あなたは、ゆずまるを知らなくとも、ゆずまるは、生まれる前からあなたを知ってます。(オカルトですか?!>自分)
こんなノリでもノリで答えたりしませんから。

アフィリエイトの挫折や無料レポートのテーマ、サイトのテーマなどお悩みなどお気軽にご相談ください

最近の投稿 カテゴリー 最近のコメントコメントについて
コメントは、各記事のこの部分↓のリンクをクリックして記事ページへ移動することでコメント欄がついたページがになります。
コメントを許可していないページもありますので、イライラしないようにお願いいたしますw
アーカイブ コミニュケーション
メタ情報