雪国 | 評価特典.確実に稼ぐ商材評価アフィリハローワークゆずまる






雪国

inline:br rep in ENV:checked
 ご連絡、ARM-S をお申し込みいただきました方へ
 注文IDと購入時のメールアドレスを添えて
 ゆずまるへメールをお送りください。→yuzumaru@a-shadow.com
 shop2table stage 4 を追加特典としてリリースいたします。
 →http://yuzumaru.info/・・・
 ※申し込み初月からご利用いただけますのでARM-S入手後、
  すぐにメールをお送りください。

メルマガの書き方のパターンってあるよね?
 フリがあって、続きはあとがきで・・・
 の流れ。

 これの意味をわからないで使ってる人の多いこと、多いこと。

 これはさ、販売用・・・とも限らないか。
 相手をひきつけるひとつの手法なのね?

 え?って思ってもらって・・・本文へ取り込む。
 で、オチがくる。

 メルマガ全体の印象がオチになる。
 オチがおかしければ、本文の中で多少かたっくるしくても
 文章がつたなくても、全部オチが吸収してくれる。

 頭のフリは、「え?」とかメルマガの流し読みを防止するためのもの。
 フリ=引き だよね?

 それを、、、、

 —-ここから—-
 今日買い物にいきました。
 続きは編集後記で。

 (本文)

 編集後記
 まぐろがおいしそうだったのでまぐろを買ってきました。
 —-ここまで—-

 何が面白い?
 このメルマガおもしろいなーって思うかなぁ?<かなりご立腹

 —-ここから—-
 子供が保育園に通うようになりました。
 続きは編集後記で。

 (本文)

 編集後記
 毎日元気に出かけていきます。
 母としてはすごくうれしいです。
 —-ここまで—-

 だから何?
 同じような年齢のお子さんを持っている女性の方は反応するかも。
 だからといって、書く意味ある?

 単に定型パターンに当てはめただけ。
 当てはめるべき内容を吹っ飛ばして、
 自分なりの解釈のパーツを埋め込んだだけ。
 本文だけだとさみしいからにぎやかしただけ。

 そりゃ解除率高かろう。

 最近では、このパターンのメルマガは
 解除するようにしてるとかいう人もいる。

 本文がどうであろうと、面白くないメルマガって印象だけが残るから。

 最後のものが相手の印象に残る。
 だからさ、「捨て台詞」ってすげー、ムカ着火ファイヤー!になるんだ。

 当然その逆もね?
 散々部下をしかりつけても、最後の一言ですくってあげれば、
 部下は、話の全体を考え直すことができる。

 なぜなら、救われているから、その余裕があるわけ。
 最初から最後まで叱り倒せば、部下には恨みしか残らない。
 これを知らない上司は多い。

 どーして別れるっていうんだよ〜〜〜
 (中略)
 うん、でも、いままでありがとう・・・

 これも同じパターンだ。
 最後の印象を残すことで「また」電話できる(笑)
 そこからの巻き返し方は、メルマガのジャンルが違うので、
 ゆずまるの別のメルマガへ譲るw

 そして「フリ」
 これの代表的なものが「雪国」
 「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」

 はぁ?ってなるべ?

 だからなに?
 なにが起こる?
 なんで?なんで?なんで?

 「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」
  続きは編集後記で。

 普通に気になるべ?

 でも、オチが。
 「で、はじまる小説を読んだ。おもしろかった」
 その場で解除するよね?

 ね?
 パターンにあてはめればいいってもんじゃない。
 どういった流れを作る必要があるのか。
 それを知らないといけない。

 あなたは、沢山のサイトを持っていますよね?
 沢山のサイトをもっているなら、
 沢山のサイトを持っている、
 それなりの管理体制があるということを知っていますか?
 ⇒http://yuzumaru-cover.yuzumaru.mbsrv.net/・・・



 
プロフィール

ゆずまる
アフィリで稼ぐプログラマ@ゆずまる
百戦錬磨の老兵プログラマでWEBプロデューサーのゆずまるです。 大御所アフィリエイターのあの方に「あのゆずまる」とまで言わしめた、プログラマアフィリエイターの視点で、情報商材をご紹介いたします。 あなた同様「楽しく楽な高額報酬アフィリエイト」をモットウにしています。 コンピュータの専門学校の講師の経験から超初心者のあなたでもサポートばっちり♪ 安心してね? プロフィール
あなたは、ゆずまるを知らなくとも、ゆずまるは、生まれる前からあなたを知ってます。(オカルトですか?!>自分)
こんなノリでもノリで答えたりしませんから。

アフィリエイトの挫折や無料レポートのテーマ、サイトのテーマなどお悩みなどお気軽にご相談ください

 
最近の投稿

 
カテゴリー

 
最近のコメント

 
コメントについて

コメントは、各記事のこの部分↓のリンクをクリックして記事ページへ移動することでコメント欄がついたページがになります。
コメントを許可していないページもありますので、イライラしないようにお願いいたしますw
 
アーカイブ

 
コミニュケーション

 
メタ情報