なぜ shop2table がいいのか? | 評価特典.確実に稼ぐ商材評価アフィリハローワークゆずまる






なぜ shop2table がいいのか?

inline:br rep in ENV:checked
 ご連絡、ARM-S をお申し込みいただきました方へ
 注文IDと購入時のメールアドレスを添えて
 ゆずまるへメールをお送りください。→yuzumaru@a-shadow.com
 shop2table stage 4 を追加特典としてリリースいたします。
 →http://yuzumaru.info/・・・
 ※申し込み初月からご利用いただけますのでARM-S入手後、
  すぐにメールをお送りください。

 なぜ shop2table がいいのか?
 使ってますか? shop2table。
 ゆずまるのサイトで無料配布しています。
 ⇒http://yuzumaru.info/・・・

 ヤフー、楽天の商品検索結果を貼り付けると
 HTML のテーブルに変換してくれるツール。
 それをペタっとブログに貼り付けると、あら、素敵。
 きれいなショッピングモールもどきができあがります。

 きれいなブログができた。
 いがった、いがった・・・
 とか言ってる場合やないんやでー!

 つまりだ、なしてモール型なのか。
 それはだ。テーブルの中にキーワードが沢山詰め込まれるからだ。

 楽天に出店するしたら、まずは、出店商品を数多く出させる。
 売りたいものだけじゃなく、売れないだろうものも含めて。
 とにかく沢山出す。
 これは楽天出店者へのセオリーね?

 なしてか?
 キーワードの数を出すんだな。
 楽天で稼げない店の多くは、「売りたいもの」だけを出店し、
 楽天が言うように、だらだらと本文よりなげーだろ!っていうような
 ながったらしタイトルをつけて出店する。

 楽天って、ばかだから。
 SEO的には、タイトルが重要って、まだ言ってるから。
 だから、タイトルに詰め込む。

 タイトル大事。
 これは、間違いない。
 けど、本文より長いってなに?

 送料無料、品切れ続出・・・
 言いたいことを全部タイトルに詰め込む。
 これ、だめな? あなたは真似しないように。

 で、話を戻すとさ。
 モール型なので、成約率が悪い。
 しかもだ、説明文が楽天やヤフーショップのものがそのまま。

 けどね?
 その中にヒットする単語が含まれるんだな。
 だから、解析を見ると。

 解析を見て、何を読み取るか?
 どういったものが集客できているか?
 つまり、穴場が見つかる。

 そしてだ、次ぎ大事な?
 「総サイト件数何件ぐらいなら、自分は、勝てるのか?」

 これおおきいべ?
 勝てるキーワードで勝負する。

 機械的に作ったものは、いずれ順位が下がってくる。
 でも、それはかまうな。
 次の調査を開始しろ。

 そっからなんとかしようなんて無駄だから。
 多分、立ち上げたときよりもサイトが増えている。
 そしたら、前述したように
 あなたが勝てるサイト数を大きく越しているってことだ。

 何サイトなら勝てるか。
 そのサイト数の敷居をあげるのは、あとは、あなたの経験を積むしかない。
 今、なんとかしようったって無理がある。

 無理すると萎える。
 モチベーションが下がる。
 だから、勝てるところで勝負。
 けど、ちゃんと結果を見直すこと。
 どうやるといい感じになるのか。

 そういう意味では、キーワード調査は時間がかかる。
 サイトを立ててなるべく多くのキーワードを詰め込むってね。

 だからだ、だから、そういうことについては得意なやつがいるべ?
 そうだ! えらいぞ! ポチ!
    読者をポチよばわりすんなー!>自分

 そう、それがこれ。

 ↓ ↓ ↓
 ゆずまるの稼げる特典 shop2table stage4



 
プロフィール

ゆずまる
アフィリで稼ぐプログラマ@ゆずまる
百戦錬磨の老兵プログラマでWEBプロデューサーのゆずまるです。 大御所アフィリエイターのあの方に「あのゆずまる」とまで言わしめた、プログラマアフィリエイターの視点で、情報商材をご紹介いたします。 あなた同様「楽しく楽な高額報酬アフィリエイト」をモットウにしています。 コンピュータの専門学校の講師の経験から超初心者のあなたでもサポートばっちり♪ 安心してね? プロフィール
あなたは、ゆずまるを知らなくとも、ゆずまるは、生まれる前からあなたを知ってます。(オカルトですか?!>自分)
こんなノリでもノリで答えたりしませんから。

アフィリエイトの挫折や無料レポートのテーマ、サイトのテーマなどお悩みなどお気軽にご相談ください

 
最近の投稿

 
カテゴリー

 
最近のコメント

 
コメントについて

コメントは、各記事のこの部分↓のリンクをクリックして記事ページへ移動することでコメント欄がついたページがになります。
コメントを許可していないページもありますので、イライラしないようにお願いいたしますw
 
アーカイブ

 
コミニュケーション

 
メタ情報