出遅れを取り戻す | 評価特典.確実に稼ぐ商材評価アフィリハローワークゆずまる






出遅れを取り戻す

inline:br rep in ENV:checked
 ご連絡、ARM-S をお申し込みいただきました方へ
 注文IDと購入時のメールアドレスを添えて
 ゆずまるへメールをお送りください。→yuzumaru@a-shadow.com
 shop2table stage 4 を追加特典としてリリースいたします。
 →http://yuzumaru.info/・・・
 ※申し込み初月からご利用いただけますのでARM-S入手後、
  すぐにメールをお送りください。

 なんのためにアフィリエイトをしているか。
 考えたことあります?
 つまり、初心ってやつでんな。

 「アフィリエイトをしたい」
 「ネットでお金を稼ぎたい」
 「とにかくお金を稼ぎたい」

 などなど、いろいろあるでしょう。

 ところで、ネットを使って買い物する方って
 なんでネットで買い物をするか考えたことありますか?

 「・・・・・・したい」
 「・・・・・・ができるから」
 「・・・・・・が簡単だから」

 など、様々ですよね?

 人によっては、
 ネットで調べてリアルのお店に出かける方もいらっしゃいます。

 としたらだね?
 リアルのお店で買おうって方に向けて情報を発信しても、
 それは意味がないことだよね?

 いや、リンクを張って稼ごうと思うならの話ね?
 目的が別なら話は違ってくるけど。

 つまり、ターゲットってやつだ。
 誰をターゲットにするか。
 そういうことを考えたことはあるだろうね?

 ところでさ、人間ってさ、3タイプに分かれるって知ってる?
 視覚で確認するタイプ、
 聴覚で確認するタイプ、
 触覚で確認するタイプ。

 相手をこちらのペースに巻き込んで、
 口説き落とすときには、
 相手がどのタイプなのか見極める必要がある。

 ・・・あれ? なんのメルマガだっけ?(−−?
 まぁいいや。

 でさ?
 視覚で確認するタイプの方に対して
 一生懸命、言葉で説明しても相手には響かないのさ。
 視覚で確認するタイプの人には、ものをみせるのが一番。

 ・・・だからといって、
 いきなりパンツおろして見せてんじゃねーぞ!
 普通につかまるから!

 触覚タイプの場合、腕を掴んで股間へ・・・ってんじゃねーぞ!

 話を戻せば、そういうことだ。
 話戻ってねーじゃねーか!>自分

 何をいいたいかわかったよね?

 つまりだ、ターゲットを絞り込むとき、
 何を「見せるのか」
 何を「読ませるのか」
 そこんところをはっきりさせておくといいわけだ。

 文章の苦手な方には朗報がひとつ。

 昨今の世の中には、動画というものがあってね?
 教材にしても動画タイプのものが増えてきている。

 なじぇか?
 作る方は簡単なんだよ。。。 あ、いや、それだけでなく。
 面倒な操作が必要となる場合やレイアウトを相手に伝える場合には
 映像の方が伝えやすい。

 画面右上に画像を貼り付け、左側に記事をいれます。
 それよりは、画像で見せた方が早いよね?

 こむずかしく文章で説明しなくても、
 「おいしいですよ」ぐらいしかボキャブラリーがなかったとしても。
 視覚に訴えることで説得力があがる商材もあるってことだ。

 情報商材なんかのレビューで動画を使う方もいますよね?
 すごいなぁ〜って指を咥えてる場合なのかってことなのさ。
 まだ、いいやとか言ってる場合でもない。

 動画というのは、これからスタンダードな媒体になるからね?
 で、さほど難しいことではないので、かじっておいて損はない。
 それよりも出遅れる方が心配だ。

 なぜ、稼ぎのサイトに動画が不可欠といわれているか。
 スマフォに出遅れても動画に出遅れることなかれ。

 ↓ ↓ ↓
 クロスメディア・アフィリエイト



 
プロフィール

ゆずまる
アフィリで稼ぐプログラマ@ゆずまる
百戦錬磨の老兵プログラマでWEBプロデューサーのゆずまるです。 大御所アフィリエイターのあの方に「あのゆずまる」とまで言わしめた、プログラマアフィリエイターの視点で、情報商材をご紹介いたします。 あなた同様「楽しく楽な高額報酬アフィリエイト」をモットウにしています。 コンピュータの専門学校の講師の経験から超初心者のあなたでもサポートばっちり♪ 安心してね? プロフィール
あなたは、ゆずまるを知らなくとも、ゆずまるは、生まれる前からあなたを知ってます。(オカルトですか?!>自分)
こんなノリでもノリで答えたりしませんから。

アフィリエイトの挫折や無料レポートのテーマ、サイトのテーマなどお悩みなどお気軽にご相談ください

 
最近の投稿

 
カテゴリー

 
最近のコメント

 
コメントについて

コメントは、各記事のこの部分↓のリンクをクリックして記事ページへ移動することでコメント欄がついたページがになります。
コメントを許可していないページもありますので、イライラしないようにお願いいたしますw
 
アーカイブ

 
コミニュケーション

 
メタ情報